我が家をリフォーム

建売り住宅を購入して20年近く経ち、リフォームが必要な状況となって来ました。リフォームには、水周りが古くなり手を入れたい場合、室内を綺麗にしたり雰囲気を変えたり使い易くする場合、家族に高齢者が居てバリアフリーにする場合、外壁や屋根などの塗装といった住宅を維持するためのメンテなどがあります。

20年も経つと、バリアフリー化以外のリフォームは全て実施したいと思う状態になってしまいます。しかし、予算には限りがあり、優先順位を付けて、実施せざるを得ません。

我が家では、第1に水周りとしてキッチンの全面リフォーム、風呂場の床タイルの張替え、洗面台の入れ替えを行いました。水周りは汚れ易い場所であると共に、不具合を放置すると室内から住居を朽ちさせる可能性があるため、優先順位の1番としました。

第2は、外壁を指で触ると白い粉が着き、細いクラックも見受けられ、やはり雨の浸透を防ぎ、住居を長持ちさせるためには塗装し直す事が必要だと判断したからです。

せっかく手に入れたマイホームには愛着があり、長く住み続けるためのリフォームをやはり優先せざるを得ないのです。

和室の壁の塗り替えや、洋室や廊下などの壁紙を貼りかえれば、一気に家の中が新品のようになる事は分かっていますが、優先順位は後回しにせざるを得ませんでした。欧米では、壁紙にペンキを塗って新しい雰囲気にする事は当たり前だと聞いており、DIYでやってみようかとも思っていますが、中々勇気がなく、せっせとリフォーム資金を貯金しています。